食費節約でストレスを溜めないために「やめたこと」5つ

【広告】
広告

主婦が節約を意識した時、真っ先に目をつけるのが食費です。
私も、結婚したての頃は食費節約に奮闘していました。

HIR93_sofa-deneteiruneko500-sozai

でも、張り切りすぎて疲れました。無理な食費の節約はストレスに直結する!

今はものすごくゆるーくやってます。
食費節約でストレスを溜めてしまっていた私が、今は「やめたこと」を書いてみます。

ストレスを溜めないためにやめたこと

底値狙いをやめた

底値で買うために毎日チラシをチェックしたり、スーパーをはしごすることをやめました。

全ての食材を底値で買うことが出来れば食費の節約になりますが、底値を気にするあまり底値じゃないと買えなくなってしまったり底値以上で買うことがストレスになってしまいます。

底値より高く買いたくないせいで買い物がスムーズに進まず献立が決まらない…
スーパーの中を無駄に何周もぐるぐる…イライラ!

食事の準備は毎日のことなのに、こんな節約は続きません。

買ってすぐ消費するような野菜、お肉、魚などはもう底値なんて気にしません。
その日必要だと思えば買います。

安い食材ばかりをやめた

安い食材と言えば鶏むね肉。主婦の味方です(笑)

でも食費を抑えるために鶏むね肉ばかり。鶏肉ばっかり。あとたまに豚切り落としと合挽き。
牛肉?魚?そんなの高くて買えない!こんな食生活はやめました。

今はまんべんなく食べるようにしています。少しくらい高くてもやっぱり牛肉は美味しいし、魚だって食べたいですもんね。

手作りにこだわることをやめた

お惣菜や冷凍食品は買わない!と決めることをやめました。

スーパーのお惣菜や冷凍食品を買わず、自分で作れば節約になりますよね。その方が体にも良さそうだし、出来る限りはそうしたい。

だけど、作ることがしんどい時もある。
疲れていて、メニューが全然浮かんでこない時もある。よくある。

そんな時は、堂々とお惣菜を買っちゃいます!

手づくりにこだわりすぎていると、惣菜買っちゃった…なんてダメな主婦…と落ち込んでしまいまずが、全然ダメじゃないですよ。

スーパーへ行って買い物をした。それだけで1つの家事をこなしているんですから。
お惣菜も食材の1つと考えればいいんです。少し手を加えて盛り付けたりすれば完璧です♪

おやつの我慢をやめた

お菓子や嗜好品は無駄遣い。買ってはいけない!
とにかく我慢しようと思っていた時期がありました。

だけど私も夫もお菓子が好き。30代のいい大人だけどお菓子が好きなんです。
好きな物を我慢し続けるほどストレスのたまることはありません。

たった100円ほどの安いお菓子。我慢をすれば100円の節約にはなります。でも夫婦で仲良く会話をしながら食べる時間は100円以上の価値があります。

健康のことは頭に入れつつ、食べたい時は楽しく食べる!

予算をきっちり決めることをやめた

MOK_ichimanensatu2maisozai

食費は1ヵ月2万円!(米、調味料、嗜好品込み)
そんな目標を立て、頑張っていた時もありました。

初めは楽しいんです、ゲームのようで。でも、続きませんでした。

金額をきっちり決めてしまうことによって、少しでも安く抑えなければ!というプレッシャーになってしまい、上に書いたような底値買いのためのはしご、惣菜やお菓子を買ってはいけないという厳しいルール作りに繋がります。

今はだいたい3万円ぐらいという超ゆるい予算でやりくりしています(笑)

頑張りすぎなければ節約は続けられる

ストレスが溜まる原因って、高い目標を持って頑張り過ぎちゃうからなんですよね。

たった1つ失敗しただけですべての努力が台無しになった気がして落ち込んじゃったり、もうどうでもいいや!って散財しちゃったり。

おやつOK!惣菜OK!底値気にしなくてOK!お高め食材もOK!予算オーバーしてもOK!
こんなルールでは挫折のしようがありません。ノンストレスです♪

でも、こんなルールでも5万6万に跳ね上がったりなんてしないもんですよ。毎月ちゃんと予算通りだいたい3万円ぐらいには収まっています。

世の中頑張らなきゃ達成できないことはたくさんある。
でも食費節約に関しては、頑張らず楽しむことが何より大切だと思っています。

生きるために大切な「食」でストレスを溜めるなんて、人生損ですよ!