食費節約でストレスを溜めないために。底値なんて気にしません!

【広告】
広告

当たり前だけど底値で買えば安い。食費が少なくすみます。
チラシで何軒ものスーパーのチラシを見比べたり、底値表を作った事もありました。

PPW_bakusuinyanko500-thumbsozai

でも、疲れました。
安く買うことにこだわりすぎると大きなストレスになります。

底値狙いという節約法をやめる

底値狙いがストレスになる理由

底値で買うことが節約だと思うあまり、底値じゃないと手が出なくなる。

ストレスになる理由はここです。
そんな都合よく底値には出会えませんから。

特売なら98円の野菜が今日は118円!高い!買えない!
…たった20円なのに。その20円のためにストレスを溜めるなんてバカみたい。

100g78円以上の鶏肉は買えない!だから今日はお惣菜を買う!
…そっちの方が高いのに(笑)

買いたい時に買いたい物が買えない
お買い物がスムーズに進まない

こんなにストレスが溜まることってないです。

底値買いの節約効果は?

スーパーで買う食品って、日用品や服などと比べるとすごく安いです。
高い安いといってもほとんど10円、20円の差。その程度のためにストレスを溜め、悩み、時間と体力を使うなんてバカバカしいと気づいて底値狙いはやめました。

よっぽど高騰している時などは悩みますが、それ以外ならその日必要、欲しい食材は値段を気にせず買います。

では底値で買うのをやめて、食費は増えたのか?
面白いことに、底値底値、1円でも安く!って必死だった頃と、気にしなくなった今、食費は変わらないんですよね。

食品は値段が安いから、必死で頑張ってるわりに成果がほとんど無かったりストレスが溜まる分、お菓子を買ったり。広告の品を狙ってスーパーへ行く回数が多かった分、無意識にお金を使っていたのかもしれません。

合わない節約法はストレスを溜めるだけで、結局節約にならない。

無理だと思ったらすぱっと止めて、違う方法を試しながら自分に合う節約法を見つけることが大事。

底値買いより大切な食費節約のルール

安いから、お得だからとたくさん買って無駄にしては意味が無い。
今はたった1つの簡単なルールだけをしっかり守って、気楽に食費を節約しています(^^)

食費節約のルール。必ず守るべきことはたった1つ!
予算を決める、底値を狙ってスーパーをはしごする、半額になる時間帯を狙う… 食費を節約する手段はたくさんありますが、面倒になって挫折することもあります。 でもその中でこれ...