光熱費節約!たった1分でパスタを茹でる裏ワザ

【広告】
広告

一人飯=ほぼパスタのリサコです。
ラクだしお皿一枚で済むからいいんですよね、パスタ。

そんなパスタをたった1分で茹でる裏ワザがあります。

茹で時間たった1分のパスタの茹で方

以前テレビ番組で紹介されていた方法です。

作り方

1.パスタを水につける

P1020396s

時間の目安

1.4mm 約1時間
1.6mm 約1時間30分
1.8mm 約2時間

茹で時間を1分にするために1時間以上も下準備が必要なんですよこれ。

でも上記の時間を超えても問題は無いので、たとえば朝食べたければ寝る前に水につけておけばいいし、ランチに食べたければ朝からつけておけばOKです。

P1020398s

約1時間後、水を吸ってやわらかくなりました。
なんだか生パスタっぽいです!

この状態で冷蔵庫で3日、冷凍庫で1ヶ月保存可とのことです。
何食分か作って冷凍しておけば便利!

2.沸騰したお湯で1分茹でる

P1020399s

キャベツも一緒に入れました。
この作り方の良いところは、小さいフライパンでも茹でられること!

使ったのは22cmのフライパンです。
22cmのフライパンで、2人分のパスタ(+キャベツ)が茹でられます。

大きなお鍋でパスタを茹でるのと比べて水もかなり少なくてOK!
白くて生っぽかったパスタが一瞬で美味しそうな色になり、ほんとに1分で完成!

肝心のお味ですが、問題なく芯まで柔らかくなっていて美味しかったです!
普通に茹でるより、モッチリ感があります。

メリットまとめ

・ガス代が節約できる
・節水できる
・大きなお鍋不要。小さなフライパンで茹でられる
・一度にたくさん作る事ができる
・冷蔵・冷凍保存ができる
・(下準備をした麵があれば)すぐ食べられる

デメリットまとめ

・下準備が必要

下準備に1時間は必要なので、今すぐ食べたいけど準備していないという時には使えません。

塩も節約!パスタを茹でる塩は不要

パスタを茹でる時って塩は入れてますか?
普通は入れますよね。

でも実は入れても入れなくても変わらないそうですよ。
厳密にはたったひとつかみ塩を入れたところで味はほぼ変わらないそうです。

入れるなら、塩をどっさりどっさり入れた海水みたいなお湯で茹で、さらに別のお湯で塩分を落とすんですって。ここまでやって初めて差が出るそうです。

それを知った日から塩は入れてませんが、確かにまったく味の違いはわかりません。
塩も節約ですね(笑)

パスタはまとめ買いがお得!

P1030390
パスタはいつもよろずやマルシェでまとめ買いしています。
食品は買い過ぎないよう心掛けていますが、確実に食べる日持ちする物はストックOKがマイルール。

パスタ バハール(デュラム小麦100%) 500g 20袋
ショートパスタ フジッリ(スピラリ) バハール(デュラム小麦100%) 500g 5袋セット

にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
【広告】
書いている人
ブログ運営者

risako リサコ
関西の田舎在住30代 夫と2人暮らし 丁寧な暮らしに憧れるぐうたら節約主婦です。
詳しいプロフィールはこちら