「年収100万円の豊かな節約生活術」を読んだ感想。豊かさを決めるのは…

【広告】
広告

MAR85yousyohondansozai

年収100万円の豊かな節約生活」を読みました。

図書館でこんな本を見つけると思わず借りてしまうので、そろそろ職員さんに貧乏がバレているのではとドキドキしていまいます。自意識過剰でしょうか(笑)

年収100万円の豊かな節約生活術

豊かな節約というフレーズ、とても好きです。
参考になることがいろいろあって面白い本でした。

P1030392

もしも年収100万円で暮らすことになったら

2014年の我が家の世帯年収は手取り約350万円。
夫1人の収入ではなく、私のパート代も含めてこれです。

この中から出来るだけ節約して、頑張って貯金も出来ました。
でも、心が折れそうになる事もあります。

こんな私がもし年収100万円で暮らすことになったら…
悲壮感漂いまくりの顔で、もやしばっかり食べていそうです。

だけどこの筆者はとても楽しそうに毎日過ごされています。
その秘訣はどこにあるのでしょう。

豊かさと節約の両立を趣味に

筆者は料理が趣味のようです。
少ない食費で有名外食店の味を再現させたり、パンやヨーグルトを手作りしたり、ベランダでハーブを育てたり、趣味と節約を同時に実践されています。

節約上手は料理上手

いろんな節約本や節約ブログを読んで気づきました。

節約上手には料理好きが多い!

特にパンを焼く人が多い気がする。この筆者もそう。

料理が上手ければ、食費を減らすことが出来ます。
でもそんな単純な意味だけじゃなく、料理が好きだと毎日を楽しく過ごすことが出来るという意味が大きいと思います。

料理って毎日のことだし、生きるために必要不可欠なもの。
その料理を毎日楽しく出来る人と出来ない人では、同じように節約生活をしていてもストレスの溜まり方が全然違ってくる。

私は料理が得意じゃないけど、心豊かに暮らすために楽しみながら頑張りたいな。

お金が無いからこそホームパーティー

少ないお金で暮らす筆者は、飲み屋をはしごするお金はありません。
だからって諦めるのではなく、ホームパーティーを開き趣味の料理を振舞っています。

お金が無ければ交際費が捻出できず、友達がいない。
こうなると思ってたけど、違うんですね。

お金が無いから、節約料理を振舞ってホームパーティーを開こう!
素晴らしい考え方だと思います

豊かさを決めるのは、自分。

OHT94_noujyoutoaozora500-thumb-sozai

年収がいくらあれば豊か。貯金がいくらあれば豊か。
つい金額を基準に考えてしまいがちですが、やはり一番大切なのは気持ち。

お金が無い、お金がない、と悲観的になるのではなく、
少ないお金でどれだけ楽しめるか♪

考え方次第で、心豊かに過ごすことは可能ですよね。

当たり前だけど、忘れがちなこと…
そんな事に、改めて気づかせてくれる本でした。